×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

介護業界におけるケアマネについて

介護業界で働くケアマネについて

ケアマネージャーになってくれる人がどんどん増えてきて、高齢者の介護等を行う人が増えてくれないと、今の日本社会は正常に機能することが大変難しい時代になってきています。

 

高齢化率が世界最大の日本においては特に高齢者のお世話をする人が不足しています。
そういう意味では、ケアマネージャーなどの職に就いてくれる人が1人でも増えてほしいと思います。

 

そんなケアマネージャーですが、大きく分けて在宅で仕事をする人と施設などで仕事をする人に分かれます。
前者の場合は実際に施設に入居された人に対してどういった方法や日程などでケアをしていくかといった計画を立てて、それを実行に移していくといったことが主な仕事の流れになると思います。

 

在宅の場合

在宅ケアマネージャーの場合は自分で実際にケアを行っていくというよりは、在宅専門で介護等を行う民間企業などをサービスを利用して、それを利用者に施していくことになり、その際の給付をどのようにするかといったことを考え、そして利用者に対するケアをどのようにしていくべきかといった全般的な計画を立てていくのが主な仕事の流れになります。

 

一般的にいうケアマネージャーの仕事は在宅で行う方の仕事になると思います。
施設で行うのか、それとも在宅で行うかによって結構仕事の内容には異なる点もありますから、そこをまず理解する必要があります。

 

そして、もしケアマネージャーとして仕事を行っていく場合にはそれぞれの特徴を理解してから、自分の特性などを考えてどちらで働いていくかを考えて職業を選んだ方がいいです。
今は施設にしろ、在宅にしろ、特にケアマネージャーの数自体がとても不足していますから、どちらの方法をとっても、基本的には日本社会には貢献していける仕事になります。

 

外国人も働いています

ちなみにケアマネージャーを行う日本人が少なく、最近だと多くの外国人つまり中国人を雇って回している状況です。
中国人は自国でしないのかという意見から言いますと中国の賃金はものすごく安いのです。

 

その為日本で働く人間が少なくないのが現状です。最近だと技術が進歩したためと介護ロボットなどが台頭してきています。
とはいえこの介護ロボットもまだまだ現状問題がある技術なのは間違いありません。

 

当サイトではケアマネの現状について書いてありますが、介護福祉士については「専門学校卒の介護福祉士を見返してやる」をご覧ください。